バリ島でマッサージを受けたい!どんな種類がある?何に効く?

マッサージの種類

「このマッサージ、どんなことするの? 何に効く?」

スパのメニューは名前だけでは分からないものもありますね!

「なんだか思っていたのと違って失敗した…💦」

なんてことにならないように、事前にどんな内容なのか知っておくと失敗は避けられます。

実はチャベ子、バリ島でスパ留学(ジャムースパスクール)をした経験がありまして…。

この辺の話には少々うるさいかもしれません…😁

座学と実践とでキッチリ学んできましたので、その経験を活かして詳しく説明していきたいと思います。

あまり聞き覚えのないメニューでも、これを読めばしっかり内容がわかってメニュー選びもスムーズに!






スポンサーリンク

ボディマッサージ

バリニーズマッサージ

バリニーズマッサージ

バリニーズマッサージはバリ島のスパなら必ずある鉄板メニューです。

インドネシア王朝時代の流れを汲み、バリ島では古くから民間療法の一つとして施されてきました。

このマッサージの最大の特徴は手の平の「圧」

オイルを使って滑りをよくし、手の平に「圧」を掛けながら、全身の筋肉やリンパの流れに沿って、途切れることの無いロングストロークで、コリや滞った個所をほぐしていきます。

血行を良くしてリンパの流れを促進し、深いリラクゼーションが得られます。

「ちょっとスパでマッサージを受けたいなー」なんていう時には、「オイルを使用するマッサージは嫌」という場合を除いて、とりあえずバリニーズマッサージをチョイスすると良いですよ。

おすすめスパ
バリ島一予約困難な大人気スパ「フランジパニ スパ」

アロマテラピーマッサージ

アロマテラピーマッサージ

いい香りのするオイルを使った全身マッサージです。

オイルは自然植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)。

香りの効果が精神的に深いリラックスをもたらして、心と体の疲れを優しく緩めます。

香りによって得られる効能もさまざま。

ほとんどのスパでは、幾つか用意された香りからお好みの香りや希望する効能から選ぶことができますよ。

精油は自然豊かなバリ島らしく、自生の木や花などから抽出され、スパが独自に開発したオリジナルのものや、有名コスメブランドと共同開発した精油などがあります。

そのスパごとに異なった精油を楽しめるのがポイントです。

ホットストーンマッサージ

ホットストーンマッサージ

50°~60°くらいに温めた丸みのある石を使っての全身マッサージです。

マッサージに使用される石は、火山の溶岩が噴出して固まった「玄武石」というもの。

自然研磨によってツルッと丸くなっているからオイルを付ければ身体の上をスルスルーと滑らせることが出来ます。

温めた石で身体をなでるようにマッサージしたり、背中や腰、腹部などに置いて冷えた身体をじんわりと温めながら施術を行います。

筋肉の緊張やこわばりを取り除いて、血行やリンパの流れを促進して免疫力を高める効果が期待できます。

スパによっては香りのあるアロマオイルが用いられることもあります。

オイルのいい香りが温められた石によってふんわり香ってきてリラックス度もアップ!

▼チャベ子が体験したホットスト―マッサージのレポートはこちら!

バリ島ジンバランにある「リアンスパ プレミアム」のフェイシャルレポートに続いて、 次に体験した「ストーンセラピー 60分」のレポートをお届...

スゥェーディッシュマッサージ

スゥェーディッシュマッサージは、1800年代にスウェーデン生まれの医師、「Per Henrik Ling」によって確立された、現代の全てのオイルマッサージのベースになっている全身マッサージです。

オイルを使って肌の滑りをよくしながら、ゆったりとしたリズムで筋肉や骨格にそってマッサージしていきます。

このマッサージの技法は、多くの研究者により科学的根拠が研究され、オイルの量や筋肉へのアプローチなど、全てにおいてロジカルに計算されつくしたもの。

マッサージの順番や時間にそれぞれ意味があり、オイルマッサージの基本として世界中のセラピスト達が学んでいます。

バリニーズマッサージなどその他のオイルマッサージに比べると、オイルの量は少なめ。

摩擦感を適度に残しながら、筋肉の緊張をといて血行を促進し、毒素や老廃物の排出を助ける効果があります。

タイ古式マッサージ

タイマッサージ

オイルを使用せず着衣のまま行うタイ伝統のマッサージです。

インドや中国からの影響を受け、ヨガや指圧の要素も加わり、センと呼ばれる体のエネルギーラインに刺激を与えながらイタ気持ちいいストレッチで身体をほぐしていきます。

時には体を上に持ち上げられるほどアクロバティックな体勢が取られることで、2人で行うヨガと呼ばれること。

オイルを使用しないのでマッサージ後のシャワーも必要なし!

手早く施術を終えることができるので、スパの後にショッピングや食事など予定がある場合は、スパだけに時間を割かずにすみそうですね。

おすすめスパ
「LA’VIE・ラヴィ – 『痛・気持ちいい』マッサージ」

アビアンガーマッサージ

アビアンガーマッサージ

アビアンガーマッサージはインドの伝承医学アーユルヴェーダの基本的なオイルマッサージです。

「アビアンガー」とはオイルを塗布する処置という意味。

アーユルヴェーダ理論で「アーマ」と呼ばれる「身体の不調の原因となっている老廃物や毒素」を取り除いて、不調の緩和とリラクゼーション効果をもたらします。

用いられるオイルはセサミ(ごま)オイル。

マッサージで肌から浸透し老廃物の排出を促すとともに、身体を温める効果もあります。

セサミ(ごま)オイルは、その効能が注目され、最近ではうがいや頭皮のクレンジングに用いたりなど様々なシーンで人気があるオイルです。

▼アーユルヴェーダ技術で定評のあるプラナスパ

こんにちは! 先日、スミニャックにあるプラナスパに行ってまいりましたよ♪ 以前にもこちらの記事で取り上げたことがあるプラナスパ。...

おすすめスパ
スパ アイル バリ

ディープティシューマッサージ

ディープティシューマッサージ

オイルを使用して筋肉の深層部にアプローチしていくかなり強めのマッサージが特徴の全身マッサージです。

「ディープティシュー」とは「筋肉の深層部」という意味。

日本ではあまり馴染みのないマッサージですが、バリ島のスパや欧米などでは非常に人気のある定番マッサージです。

深い筋肉の緊張までほぐしていくので、リラクゼーション効果に加えて筋肉のこわばりによる歪みなどを整える効果が期待できます。

マッサージの力加減が強すぎる場合は、セラピストに言って加減をしてもらえます。

まとめ

バリ島のスパで受けられるマッサージメニューの解説でした。

横文字やカタカナの名前が多くて、ピンと来ない方も多いであろうスパのマッサージ名・・・。

こうして特徴を見てみると、ある程度「どんな働きかけをするのか」「何に効くのか」についてご理解できたかなと思います。

ちなみに、ここであげたものは全て全身マッサージ系。

バリ島スパが初めてな方には、とりあえず「バリニーズマッサージ」からトライするのがおすすめですよ!

まず基本的なバリニーズマッサージを受けてみて、

「あぁ、こういう感じで気持ち良さもこんな感じなんだな~」と体験、

そのあとに他のマッサージを受けてみると違いも分かりますし「どんなマッサージ自分に合うのか?」な~んて相性も探れますね!

チャベ子は冷え性なので、身体が温まるホットストーンマッサージが大好きです。

皆さんも色々なメニューを受けてお気に入りのマッサージやスパを見つけてみてくださいね👍

ではまた!

おすすめ記事
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク