バリ島旅行への持ち物を徹底ガイド!必需品や現地で揃うものって何?

バリ島旅行の持ち物

バリ島旅行が決まった!さぁ荷物の準備をしなくっちゃ!

でも、海外旅行そのものが初めて・・・何が必要か分からない

そんな方のために、バリ島現地在住者ならではの経験で、バリ島旅行への持ち物について詳しく説明していきます。

忘れてはならない必需品、あった方が便利、そして、バリ島でも調達できる物などについて詳しく解説します。

荷造り前に知っておいて損はナシ! ぜひ参考にしてくださいね。






スポンサーリンク

どれくらいの量の荷物を持っていける?

荷造りの前に、まずスーツケースにどれくらいの重さまで荷物を持っていけるのか?

について知っておきましょう。

飛行機に預けられる荷物の重さには上限があります。

規定の重さを超えてしまうと空港チェックイン時に超過料金を支払う~と、面倒くさいことに。

利用する航空会社ごとに異なりますが、ここでは日本 ⇔ バリ島直行便のガルーダインドネシア航空の場合で見てみることにします。

重量制限

  • ファーストクラス/ビジネスクラス 64kgまで
  • エコノミークラス 46kgまで

預けられる荷物のサイズ

1辺の長さが120cmを超えるもの、または、縦+横+奥行の合計が208cmを超えるものは預けることが不可とされています。

参考詳しくはガルーダインドネシア航空のサイトに記載があります。

ダウンロードして使える!バリ島旅行持ち物リスト

必需品

パスポート

  • 有効期限が6か月以上あること(※6か月未満のパスポートではバリ島へ入国できません)
  • 見開きの余白ページが3ページ以上あること

パスポートのコピー

パスポート紛失や街歩き用の携帯に備えて用意しておきましょう。

顔写真のあるページを見開きでコピーしてくださいね。

バリ島では日本のようにコンビニにコピー機がありません。

また、現地でSIMカードを購入する際にもパスポートの提示が必要になりました。(※空港以外の街中で購入する場合)

航空券

これが無いと飛行機に乗れませんので必需品ですね!

チケットを取った航空会社や旅行代理店からメールで送られてくる「eチケット控え」をプリントアウトするか、メール添付のPDFをスマホ本体にダウンロードしてオフラインでもスマホ画面の提示で見せられるようにしておくのも◎

その場合は万が一スマホをなくした時も想定して、紙のコピーと合わせて用意しておくのが安全です。

現金

旅行内で必要な程度の現金を持っていきましょう。(日本円でOK)

キャッシング付きのクレジットカードを使用すれば、現地で対応が可能のATMでルピアを引き出すことが出来ます。

しかし、海外ではスキミングへの不安も高いので「もしも手持ち現金が足りなくなった場合に~」くらいに考えておいてくださいね。

日本円はバリ島で全部両替してしまわないように。
日本へ帰国してから家までの帰路に使う分を取っておくことをお忘れなく!

参考日本円から現地通貨に両替の際、知っておきたいことについて

クレジットカード

クレジットカード

買い物の支払いの他、ホテルでチェックインする際に提示を求められる場合もあります。

一枚クレジットカードを持っていきましょう。

出来れば、海外旅行保険付帯のあるカードが良いです。

万が一、紛失した場合に備えて、クレジットカード番号はメモするなど控えを取っておきましょう。

海外旅行保険の証券番号が分かる物

バリ島で病気やケガをしてしまった場合、病院での医療費は驚くほど高額です。

バリ島へ渡航する前に必ず海外旅行保険加入をしましょう

クレジットカードに付帯の海外旅行保険がある場合はそれでもOKです。

チャベ子も移住初期の頃、腹痛で外国人用の病院に1.5日入院をしたことがあります。その時の医療費は28万円も掛かってしまいました!しかし、クレジットカードに付帯の海外旅行保険があったので、病院で提示をして、高額な医療費の自己負担を免れた経験があります。

常備薬

常備薬

普段飲んでいるお薬があれば、日数分+少し多めに持参しましょう。

その他に日本から持参必須なお薬は、胃腸薬、風邪薬、バファリンなどの解熱剤、絆創膏テープなどです。

現地の薬は強いこともあるので、必ず日本から持っていきましょう。

旅行中の疲労に効くサプリメントなどもあるといいですね。

衣類(インナー系)

パンツ

女性も男性も、必要な日数分、もしくは手洗いをするなら着替えに足りる分を。

(女性なら)ブラトップやブラジャー

バリ島は高温多湿なので、ブラジャーよりもひんやり感のある素材で出来たブラトップがよいです。

おすすめはユニクロのエアリズムシリーズ。

バリ島にも最近ユニクロが出来たので現地調達できますが、お値段は日本で買うよりちょっとだけ高いです。

ルームウエアやパジャマ

ホテルのお部屋で寛ぐ用の部屋着があるとリラックスできてよいですね。

安いホテルやロスメンにはバスローブがないところもあります。

特に、女子ならホテル内で写真を撮る時に、いつものパジャマ姿や部屋着で映るのもなんか勿体ない・・・。

せっかくのリゾート地バリ島でのお泊りなので、気分を盛り上げる可愛いルームウエアで過ごすと非日常感がアップします。

衣類(アウター系)

トップス

基本はTシャツでOK。

バリ島は高温多湿なので、コットン素材であまりピッタリし過ぎない服が過ごしやすいです。

汗をかきやすいですから着替え分を考えて用意しましょう。

現地のランドリーも安いので利用することも可能です。

ただし、紛失する可能性があるため、お気に入りはランドリーに出さない方がベター。

(チャベ子も2度紛失経験あり。チャベ夫は、お気に入り短パンのプラスチック止めが乾燥機の熱で変形しました…)

ボトムス

訪れる場所別に適応可能なものが良いです。

女性で街歩きメインなら、スカートかワンピースが通気性も良いのでおすすめ。

短パンは水辺に行く際に便利です。Gパンは暑いし荷物が重たくなる可能性も。

男性なら基本短パンでOK。

もし、ホテルなど少しフォーマルなところで食事をする際は、短パンがNGではありませんが、マナーとしてコットンやリネン素材のパンツが1本あると良いですね。

長袖の羽織もの

日差しの強いバリ島では日を防ぐためにも薄手の長袖が欠かせません

UVカット機能の付いたカーディガンやパーカーがおすすめです。

また、室内や移動中の車内でもエアコンが強すぎることがありますので、体温調節目的としてもあると助かります。

ワンピース

女性はリゾート地ならではのリゾートワンピが1枚あるといいですね。

インスタ用の写真にもワンピで映る方が雰囲気もアップ❤

おしゃれして行きたくなるようなレストランでも活躍するでしょう。

日本から持ってくるのも良いですし、現地にもたくさん可愛いものが売っているので、バリ島に来てから調達することもできますよ!

こんな感じのワンピだったらリゾート感たっぷりのお写真が撮れるのでおすすめ☆

真冬に行くなら機内用のウルトラライトダウンを

冬の日本から常夏のバリ島へ行く際の上着は邪魔な荷物になってしまいますよね。

空港まで着てきたコートは空港で預けて、機内では防寒用のユニクロ等で売っているコンパクトな丸められるライトダウンを持っていくのがおすすめです。

<空港でのコート預け費用>
コート4日以内 1,030円/着(5日目から1日ごとに210円づつ加算)

参考

関西空港での手荷物預かりについて

成田空港でのコート預かりサービス

履物

底がフラットなサンダル

バリ島の道は凸凹が多く、とても歩きにくいです。

ビーチサンダルのような底がフラットなサンダルが街歩きに最適です。

寺院を訪れるツアーも階段が多いため、ヒールやミュールのような履物はつまずいて転びやすいので避けてくださいね。

ビーチサンダルはバリ島に到着してからでも調達可能。

コンビニにも売っているくらいです。

しかし、安すぎるものはクオリティの面で鼻緒が外れやすかったりなどと、イマイチなものもアリ。

現地で買うなら多少高くても旅行中の使用に耐えうるものを選んでくださいね。

👇バリ島の街歩きは歩道もボコボコしているので、ファッショナブルなデザインでもこういう脱げにくいタイプがおすすめ!

かかとがホールドされているサンダルやマリンシューズ

水辺のアクティビティには、濡れてもOKなものに加え、水中で脱げにくいものがいいでしょう。

履きなれたスニーカー

トレッキングなどのアクティビティには、足を覆うしっかりしたスニーカーで参加してください。

日用品・アメニティ

シャンプー・コンディショナー・トリートメント・洗顔フォーム

現地でも安く買えます。

使い慣れたものが良い人は必要な分だけ小分けにして持っていきましょう。

※液体の荷物を手荷物に入れる場合の注意
手荷物に入れるには以下の規制をクリアしていることが条件です。

1つ100ml(g)以下の容器でトータル1リットル以内
それを透明のジッパー付きのビニール袋(※20cm×20cm以下でジップロックのような袋)に入れる
透明プラスチック製袋は一人に付き1つまで

参考

ガルーダインドネシア航空「お手荷物について」

国土交通省「国際線の航空機内への液体持ち込み制限の導入について

歯ブラシ・歯磨きペースト

ホテルに備え付けとしてあります。

無いホテルもありますが、現地のコンビニやスーパーで買えます。

しかし、バリ島で売っている歯ブラシは、ブラシヘッドがびっくりするくらい大きな物が多いです。

大人でも子供用を買ってくださいね(笑)

ボディスポンジ

泡立てて体を洗いたい人にはスポンジを持参しましょう。

ホテルのフェイスタオル等では泡立ちが悪く、体に日焼け止めクリームを塗っている場合には、落とし切れないことがあります。

現地でも手に入りますが、コンビニに絶対あるものではないので、日本から持参するのがベター。

基礎化粧品

普段使い慣れたものを小分けにして持っていきましょう。バリ島でも調達は可能です。

参考バリ島で買えるコスメについてはこちらにまとめてあります

日焼け止め(顔用とボディ用)

バリ島の日差しは日本の3~5倍あり、日焼け止めは必須です!

バリ島内でも売っていますが、値段がすごく高く、種類がごく僅かなのと、「白くなりすぎる、べたつく」など、質もよくありません。

なので、日焼け止めは必ず日本で買って持ってくるのを忘れないでくださいね!

出来れば、顔用・ボディ用と分けて用意されるといいでしょう。

メイク用品

女性なら、日常メイクをする方が多いと思います。

しかし、バリ島は湿気が多いため、ファンデーションはすごく崩れやすいです!

真夏の日本よりももっとドロドロになります。

なので、出来れば塗らないのがベター。

とは言っても「メイクしたい」という方もいらっしゃいますよね?

そんな方は、カバー力のあるCCクリームのようなものを塗って、色物でポイントメイク的に済ませるのがいいでしょう。

化粧水用コットンパフや綿棒

日差しを浴びた肌のお手入れにはたっぷりの水分補給。

コットンパフでパッティング!綿棒もプールや海で泳いだあとの耳の不快感に。バリ島でも調達可能です。

化粧用のコスメ鏡

壁や洗面所の鏡の他に、手で持てるサイズの鏡があれば、ベッドの上やベランダ等でもメイクができて便利です。

ヘアブラシやくし

ざっくりとしたブラシならホテルのアメニティとして置いてあります。

しっかりめのブラシは無いので持参してくださいね。バリ島でも買えます。

電子機器・ケーブル類

SIMフリーのスマホ

SIMフリーのスマホがあれば、バリ島でSIMカードを買って電話やスマホでインターネットが利用できます。

日本で普段使用しているスマホは、そのまま現地でも使えますが、とても高額になりますので、予め「モバイルデータ通信をオフにする」設定をしてください。もし使用したい場合は「海外パケット定額に申し込む」をしておくとよいでしょう。

スマホの充電用ケーブル

スマホは持って行っても「充電用ケーブルが無い!」では困りますね!現地でも買えますが必ず持っていきましょう。

予備のモバイルバッテリー

旅行中にスマホでたくさん写真を撮影すると、バッテリーの減りも早くなります。

必須ではありませんが、あれば万が一充電が切れたときでも助かります。

変換プラグ

変換プラグ タイプC

日本の電気機器コンセント形状は、Aタイプ、バリ島のコンセントはCタイプです。

日本のプラグは使えませんので、Cタイプの変換プラグを持っていきましょう

現地でも買えて、ホテルでも貸してくれるところが多いです。

防水カメラ

バリ島でマリンスポーツやシュノーケリングなど、水辺のアクティビティをするなら、濡れても大丈夫な防水カメラを持ってきましょう。

水中の綺麗な写真が撮れたり、プールで遊ぶ子供たちの写真が撮れたりと、旅の思い出になるものが残りますよ!

タブレット

飛行機内に備え付けモニターによる機内エンターテイメントはありますが、タブレットに自分の好きな動画を幾つかダウンロードしておけば、バリ島⇔日本間のフライト時間がよりに充実したものになりますね。

お持ちの方は持参されるとよいかもしれません。

イヤホン

機内や移動中のスマホ音楽鑑賞、タブレットでの動画鑑賞をする場合、必要です。

セルフィースティック(自撮り棒)

旅中の自撮りに欠かせない自撮り棒は、日本から持ってきましょう。

バリ島にも売っていますが、デンパサールというローカルエリアになります。

あまり観光客は行かないところなので、わざわざ買いに行くのに少し面倒です。

2019年7月現在、自撮り棒や短いスマホ用カメラスタンドは機内預け荷物に入れることが義務付けられました。うっかり手荷物に入れないようにご注意ください。

Wifiルーター

Wifiルーターがあれば、いつでもどこでもスマホでネットが出来て便利。

ヘアアイロン・ドライヤー

普段からコテやヘアアイロンを使用している人は、バリ島でも使うのであれば日本から海外対応機種のものを持参してください。(バリ島の電圧は220Vです。)

ドライヤーは基本ホテルに置いているところが多く、フロントで借りることができます。

しかし、どうしても自分用に持参したい、ということであれば、こちらも海外対応機種のものを持参してくださいね。(※ロスメンなど、安い宿には置いていないところもあります。)

変圧器

バリ島への短期間旅行であれば変圧器は不要です。

スマホやタブレット、ノートPCの充電器はACアダプター付きで、基本は100v~240v対応。

ドライヤーも海外対応機種であれば、変圧器は必要ありません。

何かしらの日本専用電気機器で240vに対応していないものをバリ島で使いたい場合にのみ、変圧器が必要です。

バッグ・収納用品

機内用バッグ

パスポートやチケット、お財布などの貴重品、その他、飛行機内で使用するものを入れるバッグです。

口の閉まる斜め掛けタイプのバッグ(街歩き用)

街歩きや観光中に使用するバッグは、使い勝手や形状持の他、安全性の高い物を持って行きましょう

バッグの口はファスナーで閉じるタイプ(その上から覆うふた付きも可)、ひったくり防止の為に、斜め掛けに出来るストラップ付きがおすすめ。

出来れば、内側にポケットが幾つかあって、カッター等が刺さりにくい丈夫な素材のものがよいでしょう。

知らない間にカッターで切られて中身をすられたケースも報告されています。

チャベ子もオゴオゴを見に行った時に一度やられましたが、本当に切られたことに気づかず、買って2週間のスマホを盗られてしまいました。

★このバッグは最強!
肩のストラップ内にはワイヤー入り、遠隔からのスキミング目的で送信される無線をブロックする素材で出来ているので、クレジットカード情報をガード。

ウエストポーチ

必要なものを最小限にして、腰にベルトのように巻くウエストポーチなら両手が空くので楽です。

服の下に付ければ一見手ぶらにも見えますので、スリに狙われにくくもなります。

エコバッグ

2019年1月からバリ島ではレジ袋が配布されなくなりました。

なので、スーパーやコンビニで買い物をした時に、買った物を入れるエコバッグや袋は必ず持参してくださいね。

現地用のお財布

海外旅行で現地通貨と日本円を分けておく派の方に。

日本円用は外に持ち出さずにホテルのセキュリティボックスに入れておきましょう。

ジップロック

液体をパッキングする際、万が一中身が漏れても大丈夫なように、ビーチへ行くときにバッグの中に~など、のシーンで活躍します。

ビニール袋

スーパーで袋をくれなくなったので現地で手に入りにくいかも?

濡れた水着を入れたり洗濯物を入れたり、あると何かと便利です。

女性用の持ち物

生理用品

バリ島でも日本と同じようにコンビニ等でカンタンに手に入ります。

しかし、チャベ子の経験上、現地調達のもので一部かぶれたりするものもありました。

なので、日本から使い慣れた物を持って行く方が安心。

バリ島内で買うならロリエブランドは大丈夫ですよ!

メイク落とし

バリ島で手に入りにくいので日本から持ってくるのがよいです。

あることはあるのですが、カルフールやハイパーマートなど大き目のモールに行かないと売っていません。

到着した夜に使うものですし、ぜひお忘れなく。

ヘアーバンド・ヘアクリップ・ヘアゴム

洗顔時の他にも、アクティビティに参加したりする時、髪をまとめるのに必要です

むくみ防止用着圧靴下

飛行機内でのむくみ防止や、旅行中のホテルで疲れた脚のケアのために。

ムダ毛用かみそり

リゾート地なので水着になるシーンもあるのでしょう。

必要な人は持参してくださいね。

スパでマッサージなどの施術を受ける前にも事前に処理しておくとエチケットとしてよいですね。

男性用の持ち物

  • ひげそり・シェーバー
  • シェービングフォーム

子連れ用の持ち物

  • 子供用虫よけクリーム・スプレー
  • 子供用虫刺され薬
  • 子供用の酔い止め薬
  • スプーン&フォークセット
  • ドリンクボトル
  • 水着
  • ラッシュガード
  • 帽子
  • プール用おむつ
  • 離乳食や小分けのおやつ
  • 普段使用しているおもちゃ
  • ウエットティッシュ

参考バリ島で買えるベビー用品についてはこちらを参考にしてください

その他

ポケットティッシュ

バリ島のトイレにはトイレットペーパーが備え付けられていないところが多いです。

そのため、ポケットティッシュはトイレ用に必需品!

バリ島内でもコンビニやスーパーで買えますが、日本の100円ショップで買う方が安いです。

ウエットティッシュ

バリ島に限らず、旅行中はあると便利なウエットティシュ。観光中に頂くごはんのタイミングや、ちょっと手を綺麗にしたいときなどに便利ですね。

バリ島でも買えますが、香り付きのものがほとんど。

無香料タイプがいい方は日本から持参してくださいね。

サングラス

日差しが強いバリ島では有害と言われる紫外線から目を守るために屋外ではサングラスを掛けた方がよいです。

コンタクトレンズやケア用品

バリ島ではメガネショップでしか売っていません。

しかもメガネショップがあまりないので、使い捨て1dayタイプ以外をご使用の方は必ず持参してくださいね。

これ以外にも、あると便利なものを箇条書きにまとめました。

  • せんす(屋外での暑さしのぎのために)
  • カバン用の鍵(防犯用)
  • 洗濯バサミ(ちょっとした洗濯物を手洗いする際に)
  • ハンドタオル
  • フェイスタオル(ラフティング等のアクティビティ参加用)
  • サロン(お寺の参拝時に必要なバリ風腰巻)※バリ島で安く買えますが既にお持ちの方は持参。
  • アイコス等の加熱式たばこ(必要な方のみ)
  • 機内用枕

耳栓・アイマスクはガルーダインドネシア航空であれば機内で靴下入りのセットで配布されるので不要です。

最後に。お土産を入れるスペースを考えて詰める

行きの荷物より帰りの方がお土産を入れる分多くなります。

あれもこれも必要かも?と思ってスーツケースの容量ぴったりに入れてしまうと、お土産を入れるスペースが無くなってしまいます。

そうならないように、現地で調達できそうなものは持っていかずに、優先度を考えて荷造りすることをおすすめします!

おすすめ記事
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク