バリ島ビーチクラブ「ポテトヘッド」Potato Head Beach Club Bali

バリ島ポテトヘッドビーチクラブ

こんにちはチャベ子です

バリ島は押しも押されぬリゾートアイランド。

がっつりリゾートを感じる場所と言えばやっぱり海辺ですね 😆

ですが、バリ島にはビーチを楽しむほかに、プールもお酒も楽しめる場所があるというのをご存知ですか?

ということで、話題のバリ島大型ビーチクラブ「ポテトヘッド」に行ってきました~!

それでは早速見ていきましょうー!

スポンサーリンク

ポテトヘッドビーチクラブについて

ポテトヘッドビーチクラブは、2010年にバリ島トレンド発信エリアの「スミニャック」にオープンした大型ビーチクラブ。

当時ビーチクラブと言えば、同じくスミニャックにある「KU DE TA」が先駆けで人気を博していましたが、ポテトヘッドは登場以来、そのユニークな外観とキャパシティの大きさで、瞬く間に話題に。

今やバリ島最大級のビーチクラブとして、KU DE TAを凌ぐ勢いで連日賑わいを見せるトレンドスポットになりました。

バリ島以外にシンガポールや香港にもあります。

そもそもビーチクラブってナニ?

オンザビーチに建てられた、お酒や美味しい食事を楽しみながら、プールと海でまったり寛ぐためのおしゃれな施設のこと。

バリ島にはポテトヘッド、KU DE TAの他にも「Cocoon」や「Mozaic」など、幾つかのビーチクラブがありますよ。

美しいインド洋を望むオンザビーチのロケーション!

ポテトヘッドビーチクラブと言えば

ポテトヘッドと言えば、この個性的すぎる外観が有名。

これぜ~んぶ窓枠ですよ!

ポテトヘッドビーチクラブのユニークな外観

ビーチクラブだなんて言われなきゃ分からないし、言われても中が全然想像できません。

ミュージアムといった方がしっくりくる感じ?

中へ入った感じは?

エントランスから案内され廊下を通り抜けます。

建物の外観と同じく廃材の窓枠が沢山使われたユニークな建築デザイン!

ポテトヘッドビーチクラブの内部へ通じる通路

設計はインドネシア人のデザイナーさんによるもの。

これらの窓枠はインドネシア全土から集められた18世紀ごろの物なんだとか。

1950年代頃のスカンジナビア&インドネシアのヴィンテージ家具も館内の至るところに展示されていましたよ。

廊下を通り抜けたら目の前にはビーチが!

あの不思議な外観からは想像がつかない別世界が広がっています。

ポテトヘッドビーチグラブの中

芝生にくつろぐゲストたちが沢山~!

隣の人とくっつき過ぎず、ちょうどいい間隔。

中には2つのバーカウンター。

こちらはビーチ側から見て右側のバーです。

ポテトヘッドビーチクラブ内のバーカウンター

よく見ると天井までも廃材の窓枠がたっくさん!

ポテトヘッドビーチクラブの天井にまである窓枠

噂には聞いていたけど、、、

こういうのはアイデアですね。

ビーチを包み込むようにカーブした建物の2階はレストランになっています。

カーブしたポテトヘッドビーチクラブの建物

フリーwifiがあるので芝生で寝転がってネットが楽しめます。

見渡すとゲストはほとんど欧米の方。

大人の遊び場所と思っていたのですが、お子さん連れのファミリーもいらっしゃいましたよ。

それにしてもこの解放感~~~~!

プールはリゾート感満点!

ビーチ側にはインフィニティプール。

いや、ホントこれでしょう!!

ポテトヘッドビーチクラブのインフィニティプール

水着を持ってきていないので残念ながら入れません。。。(←水着持ってきてもこんなカッコいい人たちの中に紛れる自信ない)

着替えの為の更衣室やロッカーはありません。水着の上にすぐ脱げるような服やワンピースを着てくるのがベストです。おしゃれな場所なので気合を入れたビーチウエアがおすすめですよ♥ それから、バスタオルも忘れずに。

プールの手前部分は浅くなっているからこんな風に寛げていいですね~!

お子さんも一緒に水遊びOKです。

ポテトヘッドビーチクラブのプールは一部が浅瀬

専用のお子様遊び場はありません。プールの浅瀬エリアやビーチで遊ぶくらいになります。

予約はいる?デイベッドの利用料は?

こういうロケーションでデイベッドに寝転がりながら眺めるサンセット・・・

なんていう贅沢 😆

ポテトヘッドビーチクラブのデイベッドエリア

まず、ポテトヘッドビーチクラブでは入場料は無料ですが、デイベッドを利用するにはミニマムの飲食が必要です。

  • ビーチフロントデイベッド…100万ルピア以上の飲食で利用可能(約7,777円)
  • プールサイドデイベッド…50万ルピア以上の飲食で利用可能(約3,887円)

※1 ルピア=0.0078 円で計算(2019年3月時点)

そして、デイベッドの予約はできません。

もしもデイベッドの利用希望なら、10時のオープン時間より早く行って並ぶのが必須です。

オープン前から並ぶくらい人気だそうで、夕方はサンセット鑑賞のために訪れる人でごったがえし、入場制限が掛かるときもあるのだとか!?

ナイトタイムでは有名なDJが来てクラブイベントが行われます。

ステージがこのデイベッドがある場所に設置されるため、イベント当日はすでにステージが出来ていてビーチビューが見えないので注意が必要です。

ビーチはプライベートビーチで静か

プールからビーチにも出られました。

ポテトヘッドのプライベートビーチです。

さすがプライベートビーチならでは😍 クタのビーチとは全然違って静か!

ポテトヘッドビーチクラブ前にあるビーチは静か

絵になる人たちをパチリ。

プールでも泳げるし、ビーチに出て海にも入れるなんて最高ですね!!

ビーチの中で水遊びをするポテトヘッドビーチクラブのお客

建物の中でくつろぐのもアリ

こちらは建物の中。

デイベッドの空き待ちウエイティングエリアです。

ウエイティングエリア

海側から気持ちい風が入ってきます。

まだサンセットまで時間があるので比較的空いていますね。

2つ目のバーカウンターはこちら!

ポテトヘッドビーチクラブ内2つ目のバーカウンター

水着での~~んびり。 女子2人でリゾートを満喫中~。

プールの中にバーカウンター!

バーカウンターはなんとプールの中にもありましたよ!

ポテトヘッドビーチクラブのプール内バー

あたりが暗くなってくると、水の中はカラフルなライティングが灯されて幻想的な空間になります。

オーダーしたドリンクは、バーカウンターで飲むのもよし、ドリンクを持って出て好きなところで飲むのもよし!

プールの中でカクテルを楽しむポテトヘッドビーチクラブの男性客

まだ昼間ですよ~~あまり飲みすぎないでね!

まとめ

来られている方は欧米系の人たちが多くて、本を読んだりスマホをいじったり日焼けを楽しんでいたり、のんび~りとバカンスを楽しんでいる雰囲気でした!

日本人は海外旅行に来ても一日の中で色々スケジュールを組んで、割とアクティブに過ごす方が多いような気がしますよね。

でも、欧米系の人たちって、ホテルのプールで何時間も寛いていたりして、時間の使い方や楽しみ方がぜんぜん違うよな~とつくづく思います。

いつか究極のリゾート滞在術を教えていただきたいわ~

ポテトヘッドの場所はこちら。

◆Ptato Head Beach Club Bali
住所:Jalan Petitenget No. 51 B, Seminyak, Kuta Utara, Kabupaten Badung, Bali
電話:+62 361 4737979
営業時間:10:00~26:00
入場料:無し(※デイベッド利用にはミニマムスペンドあり)
https://www.ptthead.com/

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

スポンサーリンク