バリ島の両替事情 空港と市街の両替のレートの違い!

バリ島(インドネシア)の通貨はルピア(Rupiah)です。とにかく「0」が多いので、慣れるまでには少々時間がかかると思います。チャベ子も当初は、カフェでコーヒー1杯が三万五千ルピア、ルピア、なんだか金額を聞くたび毎度ドキーッッッとしていました。(いや、その前にまずインドネシア語が聞き取れてなかったと思いますが・・・汗)

米ドルのように日本で馴染みがある通貨ではないので、バリ島に旅行される方は、両替をしてルピアを用意することになります。どこで両替するのが一番お得なのかよくご質問をいただきますが、日本円からルピアによりお得に両替するならこの↓順番になると思います。

【おトク度順】
1位: バリ島市街のレートが良いマネーチェンジャーを利用する。
2位: バリ島の空港内にあるマネーチェンジャーを利用する。
3位: 日本の銀行で両替しておく。

バリ島に到着してからのほうが、お得に両替できるということですね!さて、では1位の「市街の両替」と、2位の「空港の両替」では実際にどれくらいのレートの違いがあるのでしょうか?

※2016年6月1日の情報です。
【国際線到着ロビーにある両替】
入国審査&荷物を受け取ったあと、いよいよ到着ロビーへ出る自動ドアの両側にBRIとMandiriという銀行の両替があります。
レートは日本円1円=118ルピアでした。
DSC_0503

【国際線到着ロビーと駐車場の間にある両替】
駐車場に向かう道中にあるコンビニの横にある両替
レートは日本円1円=116ルピアでした。
DSC_0507

【市街に移動してからの両替】※クロボカンエリア
レートは日本円1円=123.50ルピアでした。
☆市街の両替はBMCマネーチェンジャー、またはKuta Centralマネーチェンジャーが比較的レートが良く利用しやすいです。ホテルのフロントでの両替も便利ですが少々レートが悪くなります。注)下の写真は別の日に撮影したものです。
IMG_5820

1万円両替した場合・・・※2016年6月1日のレートを使った場合。参考までにどうぞ↓
空港:10,000円=Rp.1,180,000
市街:10,000円=Rp.1,235,000
1万円あたりの差額=Rp.55,000

まとまった金額の両替はやっぱり市街の両替のほうが良いですね!ただし、市街にたまにある、見るからに個人店(小さなカウンターが置いてあるだけや、路地裏にあるような所)はレートが良くても絶対に避けてください。信頼できる日本語ガイドさんに案内してもらうか、バリ島内に多くの支店があるBMCマネーチェンジャーやKuta Centralなど、旅行者に馴染みのある両替を選びましょう。また必ずスタッフの目の前で自分でお金を数えて、渡された金額に誤りがないか確認しましょう。10万ルピアと1万ルピアのお札の色が似ているので、数える際には注意してください。

バリ島到着時に、両替などを済ませながらホテルへチェックインしたい方は、当社のプライベート空港送迎サービスが便利です!空港出口でお迎えした後、ご希望があれば両替にお立ち寄りした後に、ホテルへお送りすることもできます。バリ島にお越しの際はぜひご利用ください!




【:::: ブログランキングに参加しています ::::】
下のボタンをポチッと1回、応援クリックお願いします:)

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
※クリックした後は、ブログ村のページに飛びます。



===バリ・ライジング・ツアーズからのPR===
期間限定ディスカウント商品や追加特典など、
バリ島を更にお得に旅するためのプレゼント商品満載!
promotion_bnr




バリ島で至福のスパ体験!
現地旅行会社ならではの格安価格で予約受付中!
promotion_bnr_spa



タマンサリ ロイヤル ヘリテージ スパ
バリ・ライジング・ツアーズのコラボメニュー
お得に予約するならこちら↓
promotion_bnr_tsrh_spa

おすすめ記事
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク