バリ島だけの宗教的祝日 ニュピ(Nyepi)がやってくる!

普通「新年」と言えば1月1日ですよね。バリ島(インドネシア共和国)でも1月1日は祝日です。しかしバリ島ではこの1月1日よりもニュピ(Nyepi)と呼ばれるサカ暦に基づいた新年が重んじられ、外国人にはちょっと驚かれるルールもあります。

バリ島に根付くバリ・ヒンズー教はウク暦とサカ暦という2つの暦に従って日々さまざまな宗教行事が行われます。ニュピは太陰・太陽暦に基づいたサカ暦の新年で、バリ人にとって最も大切な日とも言えます。毎年3月になることが多いですね。

2016年のニュピは明日の3月9日

「静寂の日」との別名をもつニュピ。バリ人はお家で静かに瞑想し祈りを捧げます。
ニュピでは・・・
*一切の外出禁止・・・家の外に出てはいけません。
*就労の禁止・・・会社やお店は一斉にお休み。
*火や灯りの使用を禁止・・・お料理なども× 家でも電気は使いません。
(使う場合は灯りが外に漏れないように窓を覆います)
*娯楽の禁止・・・テレビも映りません。

上記のルールはニュピ当日の午前6時~翌日の午前6時まで続きます。

このルールはバリ島の文化をリスペクトするため外国人在住者や旅行者にも適応されますよ。そのため旅行者は滞在ホテルの敷地内から出ることは禁じられます。ただしプールの使用はOK。朝食もちゃんと温かいものがでます。最近はスパも営業しているところが多いようです。(やっぱりバリ島は観光の島ですからね。いくら宗教行事が大切と言えど、バランスを取らないといけませんもんね。)ただしホテル内では電気や灯りの使用が最小限に抑えられるため、日頃よりはアクティビティは少なくなります。

ニュピには何と空港もシャットダウンされ、緊急時やトランジット以外の旅客機の乗り入れはありません!

ニュピの期間にバリ島を訪れるかたは、*施設が充実したホテルでプールなどでのんびり過ごす。または、*読書などで自分の時間に浸りまくりましょう!

「丸1日外出できないなんて損した気分~!」と思うかもしれませんが、ニュピだからこその特権もあります!まずはニュピ前日には1年に1回しか見ることができない面白いパレードを見ることができます。
IMG_5286

オゴオゴとは鬼などを象った張りぼてのことです。各地域の自治体(バンジャール)の青年団(?)が夜な夜な集まり独自のオゴオゴを作りますよ。これはチャベ子が属するバンジャールの今年のオゴオゴ↓ いやぁ、完成度すごいです。
IMG_5290

ニュピ前日にはこのコワ~~いオゴオゴで邪悪な魂を島から追っ払うそうです。夕方頃から各バンジャールの男性陣がこのオゴオゴをやぐらに乗せて、村を練り歩きパレードを行います。各バンジャールのオゴオゴが一斉に集まるポイントがあるので、見学するならホテルのフロントに最寄りのオゴオゴ集結場所を聞いてみましょう!
Ubud ogoh ogoh

またニュピの夜には、島全体が真っ暗になるため、星空がと~~~~~っても綺麗ですよ~!今年のお天気はどうかな~?!

ちなみに来年のニュピは3月28日予定とのこと。興味があるかたは是非バリ島のニュピを体験してみてください☆




【:::: ブログランキングに参加しています ::::】
下のボタンをポチッと1回、応援クリックお願いします:)

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
※クリックした後は、ブログ村のページに飛びます。



===バリ・ライジング・ツアーズからのPR===
期間限定ディスカウント商品や追加特典など、
バリ島を更にお得に旅するためのプレゼント商品満載!
promotion_bnr




バリ島で至福のスパ体験!
現地旅行会社ならではの格安価格で予約受付中!
promotion_bnr_spa



タマンサリ ロイヤル ヘリテージ スパ
バリ・ライジング・ツアーズのコラボメニュー
お得に予約するならこちら↓
promotion_bnr_tsrh_spa

おすすめ記事
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク